お問い合わせ

ビオ – ヴィーガン

レ・ヴォルピ農園Azienda Agricola Le Volpiは2013年からビオロジコ(有機)とヴィーガンのワインを製造。有機・環境保護認証機関ICEAによりビオ‐ヴィーガン認証を受けています。

ワインが『ビオロジコ(有機)』と定義されるのは、 ブドウ畑で(肥料、除草剤、殺菌剤、殺虫剤などの)合成化学物質の助けを借りず、また遺伝子組み換え生物を使用せずに有機ブドウが栽培された場合です。ワイナリーでは、欧州規則No.203/2012によって承認された醸造製品および醸造工程のみに従ったワイン製造を実践しています。
当社では、ブドウ畑の土壌や生物多様性を考慮した『持続可能な農業』の概念に最も近いブドウ栽培とワイン醸造が実践されています。そのためブドウ畑は、銅と有機物質による処理はされず、『カーボンフットプリント』値の低い天然製品や植物検疫処理で管理されます。
私たちのワイナリーでは、醸造加工助剤の使用を制限していますが、特に亜硫酸塩が制御されており、ワインの処理、濾過、安定化処理が軽減されます。

 

ワインが『ヴィーガン』と定義されるのは、ワインの全生産サイクルにおいて使用される食品、食材、醸造加工助剤、フィルター、膜およびその他の補助製品が動物由来でない場合です。
私たちのワインは、どんな生産段階においても、卵アルブミン、動物性ゼラチン、アイシングラス(魚ゼラチン)のような動物由来製品で処理されることはありません。実際、マストとワインの清澄化には、植物由来製品とミネラルのみが使用されます。また遺伝子組換え生物(GMO)による食品、食材、醸造加工助剤、その他の補助製品は使用しません。
私たちのワインは亜硫酸塩含有が低く、乳製品や卵などのアレルゲンのないアレルゲンフリーです。

 

vino-biologico-vegano

ニュースレターの購読